葬儀参加者のための喪服のチェックリスト

⇒ 遺族の喪服についてはこちら
喪服を準備する際、男性と女性で準備する内容が異なってきます。
最近は喪服だけでなく、そのほかのものも一緒にセットで用意してくれる スーツ販売店も多いため、同じ店で全てが揃うことがほとんどです。


◎喪服チェックリスト

男性
・お通夜の場合はダークスーツ
・葬儀、告別式の際はブラックフォーマル(喪服)、白のブロードシャツ、黒のネクタイ、合皮・本革の黒の靴
女性
・お通夜の場合はダークスーツ持っていない場合は喪服
・葬儀、告別式の際はブラックフォーマル(喪服)、アンサンブルのワンピース、一連のパールネックレス、低ヒールのパンプス、弔事用バッグ、黒のストッキング×タイツは不可)

↓下記をクリックすると各項目へジャンプします。

  • 男性参列者の喪服について
  • 女性参列者の喪服について

    男性の喪服について

    男性が葬儀に参加する場合は、
    ブラックフォーマル用のスーツで参加します。

    ジャケットはシングルでもダブルでも、どちらでも構いません。
    ダブルの方がよりきっちりしているイメージはあります。

    ネクタイは黒の無地のもので、 シャツはブロード素材の無地の白色のものです。

    靴は合皮でも本皮でも
    構いませんが、アニマル柄のような加工がされているものは避けましょう。

    黒のスーツではダメなの?

    新社会人

    ビジネススーツでも、黒のスーツってありますよね。
    黒という色は元々格調高い色なので、 基本的には会社のトップである社長や会長などが着られることが多い色です。

    だからといって、黒のビジネススーツが喪服として使えるかと言うと、そういうわけにはいきません。
    急なお通夜へ参加する場合ならば、構いませんが、 やはり喪服と黒のビジネススーツではまったく質感が異なります。

    黒のビジネススーツはテカりがあるのに対して、ブラックスーツは光に反射しません。
    これは生地の織り方が違うためです。

    またブラックスーツはお葬式やお通夜の際だけでなく、ネクタイやカフスを変えれば 結婚式にも着用することができます。 1着持っておけば間違いない、便利な衣装です。

    ブラックスーツの価格帯は?

    ●20代男性の場合・・・

    3万円未満のもので良いでしょう。
    若者向けのスーツブランドに必ずブラックスーツが置いてありますので、自分の体のサイズに合ったものを購入しましょう。
    AOKI青山といったスタンダードなデザインのところから 若者に人気なSUIT SELECT(スーツセレクト)THE SUIT COMPANYといった
    洗練されたデザインのところでブラックフォーマルを購入するのも良いと思います。

    ●30代~40代男性の場合・・・

    体型が変わってくることが多いため、10年を目処に喪服の買い替えを行いましょう。
    この年代に差し掛かってくると、風格を出すためにも、5万円~程度のブラックスーツを持っておくと、良いと思います。

    5万円~のスーツを比較的多く販売しているのは、
    NANO・UNIVERSE(ナノ・ユニバース)
    UNITED ARROWS(ユナイテッド・アローズ)といった 大人のための普段着でお馴染みのブランドで購入することができます。


    ●50代~男性の場合・・・

    年齢を重ねてくると、深みのあるデザインの衣装も似合うようになります。 ダブルスーツは重厚感が出ますので、貫禄が欲しい方にはオススメです。
    シングルタイプのスーツでも良いでのですが、正装はダブルとされています。

    この年代になってくると、量販店~百貨店まで ありとあらゆる店舗のスーツでも決まることが多いです。 自分の好みのブラックスーツを選んでください。

    ● 企業の役職の方は、会社に置いておく??

    企業の重役に付いている方などは、会社にも喪服を置いている方が多いです。 いつ訃報を聞いても、貫禄のある対応が出来るようにするためです。 定期的にクリーニングして、いつも清潔感を保ちたいですね。

    女性の喪服はどうしたら良い?

    女性のブラックフォーマルは、
    一般的にワンピースタイプのものか、パンツスーツタイプのものになります。

    ワンピースタイプのものの場合、ワンピースにボレロ風・ジャケット風の上着を着ます。
    パンツスーツの場合は、ブラックフォーマル用のものですと、男性と同じように深みのある黒の生地を使用しています。

    ブラックフォーマルのパンツスーツでもちろん失礼は無いのですが、どうしても女性の場合正装がスカートタイプになります。
    そのため人や土地柄によっては、パンツスーツタイプの喪服がラフだと感じてしまう人もいるみたいです。

    間違いの無い喪服選びたいという場合、
    ワンピースタイプのアンサンブルを持っておくと良いでしょう。

    年代別 女性の喪服の違い

    女性は結婚や出産を機に体型が大きく変化することがあります。
    そのため、着まわしがしやすいものを選んでおくと便利です。


    ●20代~30代の場合

    女性の場合、一番気を付けなければならないのはスカートの膝丈でしょう。
    20代~30代の女性の場合は、膝がすっぽり隠れる程度の スカートを選んでおけば安心です。

    高身長の女性の場合、スカートが短くなりやすいため、 必ずスカートの丈を確認しましょう。
    ジャケットはボレロタイプのものが若々しさを感じられて良いですよ。

    ●妊娠・出産前後の方の場合

    女性は妊娠・出産を期に大きく体型が変化します。
    妊娠中にお葬式に参加する場合には、 チュニックタイプのワンピースをおすすめします。
    ワンピースだけは別のものにして、 ジャケットは引き続きはじめに購入したものと 合わせても良いでしょう。


    ●40代~50代の場合

    40代~50代の女性の場合は、膝下~ふくらはぎまでの丈感のスカートを選ぶと良いでしょう。 またそれに合わせて、上着もジャケットタイプのものの方が マッチすることが多いです。

    喪服を日頃から準備しておく

    新社会人

    身近な人の訃報なんて考えるだけでも寂しいですが、 それでも最低限のマナーを守ってお通夜やお葬式に参加したいと思うのが 大人の常識なのではないでしょうか。

    喪服は社会人になった時点で準備をしておく

    学生の間は、お通夜・お葬式に参加する際、
    学生服で参加するのが好ましいとされています。
    そのため普段着がブラックフォーマルにもなるのですが、社会人になった場合、そうはいきません。

    急な場合のお通夜への参加を除き、 社会人の場合基本的には喪服での参加が一般的です。

    そうなった場合、喪服を最低一着は持っておかないと、大慌てになってしまうことでしょう。
    そうならないためにも、社会人になったら出勤用のスーツとともに、喪服も一緒に揃えておくと安心ですね。

    他のコラムを見る