法事の準備

法事の準備は数ヶ月前から行うものですが、
すること自体は決してそこまで
大変なものではありません。

順序立てて準備すれば、
特に怖いものはありませんよ。

法事の流れ

法事の主な流れは以下になります。

  • お坊さんが来て、読経の準備をはじめます
  • 僧侶・参加者にお茶をふるまいます
  • お経を上げます
  • 遺族や参列者が焼香を行います
  • 読経が終わるとお坊さんの説法を聞きます
  • お墓参りへ向かいます
  • 会食をはじめます

  • 準備のフロー

    ① まずは法事の日程を決める

    まずは法事の日程について決めましょう。
    法事に参加する親族や知人に日程場所を打診します。

    招待状で打診する場合もありますが、 身内だけなどの場合は電話やメールで行っても大丈夫です。
    日程・場所・人数が決まったら法事の供養をお願いする お寺や宗教法人に法要のお願いの連絡をします。
    法事の参加者への打診は法事の3ヶ月前ほど、 お寺への依頼は2ヶ月前ほどに行っておきましょう。

    ② 会食の準備をする

    法事を主催する方にとって、一番悩ましい部分でもある会食

    参加する人数や法事を開催する場所によっても 準備するものは変わってくることかと思います。

    自宅を法事の場所に使う場合、 手作りを準備されるケースもありますが、 最近では仕出しを頼むケースがほとんどでしょう。

    ●価格帯で選ぶことができる!法事でも困らない仕出し弁当オススメ通販●


    また会館などで法事をされる場合、 一緒に食事ができるところもあります。
    食事ができない場合でも、レストランなどに
    移動して会食することができます。

    その際、マイクロバスなどが必要なことがありますので、
    必要な場合は手配しておきましょう。


    ③ 引き物の準備

    法事に参加していただいた方へ、
    帰る際に引き物(手土産)を渡します。
    内容は3千円未満のギフトセットや菓子折りなどでOKです。

    参加される世帯分準備しますが、
    地域によって渡す内容が決まっている場合があるので、 わからない場合はご近所さんなどに
    確認してみるといいですね。

    ④ 法要前日は最終チェックを

    法要前日は上記のことが全て揃っているか チェックを行いましょう。
    大勢の人を手料理でもてなす場合、 仕込みをする場合がほとんどでしょう。

    その場合もあまり気負わずに、 業務用スーパーなどに売っている プロ御用達の冷凍食材などを使えば 時間短縮になるので便利ですよ。

    また、当日黒色のシンプルなデザインの エプロンがあれば便利です。
    気になる方はブラックフォーマル用の エプロンもありますので、それを着用してください。

    ⑤ 法要当日

    法要当日は、参加される方たちが続々と指定の場所へ集合します。 僧侶が来られた場合、丁重に挨拶をし、家の中へお招きします。

    お招きし、僧侶が準備をし始めるタイミングで 僧侶や参加者にお茶を振舞う準備をします。
    僧侶の準備が整ったら、僧侶に一番にお茶を出し、 続いて参列者の位の高い人からお茶を出していきます。

    そして読経が始まってしばらくしたら、 食事などの準備をするために下がります。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?
    はじめての法事主催は誰でも緊張すると思いますが、 大事なのは故人を思う心。
    あまり形式に捕らわれずに、 参加者全員が心が一つになれるような 行事にできれば良いですね。

    他のコラムを見る