終活をサポート!エンディングノートとは

エンディングノートとは、
自分の基本情報や葬儀の仕方、
遺品整理の方法などについてまとめるノートのことです。
普通の罫線ノートに記載しても良し、ネットからコピーしても良し、終活イベントで配布されているのを使うのも良しです。

エンディングノートの基本項目

  • ・現在の基本情報
  • ・連絡先
  • ・自分史
  • ・財産
  • ・介護への希望
  • ・葬儀
  • ・お墓
  • ・遺品整理

  • 自分の用意したノートに記載していっても良いですが、
    どうしても遺族が知りたいことが抜けてしまう可能性がありますので、
    専用のひな形を利用するほうが良いでしょう。

    エンディングノートの書き方

    エンディングノートには遺言のような法的な効力はありませんが、
    故人が生前遺したものとして、非常に貴重な資料となります。

    そのため書き方は、ボールペンでも鉛筆でもなんでも構いません。
    しかもいつでも加筆・修正OKです。

    はじめから最後まで、一気に書く必要はありません。
    気が向いたときに、少しずつ完成させていきましょう。

    ただし要介護になる場合がありますので、
    ・連絡先
    ・介護への希望
    といった、緊急性の高い項目は初めに埋めておくと良いかもしれませんね。

    完成したら分かる場所に保管しておきましょう

    エンディングノートが完成したら、わかりやすい場所に保管しておきましょう。
    自筆で遺言を作成している方は、その場所がわかるように
    エンディングノートに記載しておくか、一緒に保管しておきます。

    公証役場を使って遺言を書いている際は、その旨をエンディングノートに記載しておきましょう。

    よくわからない方は終活イベントへ!

    エンディングノートを完成させるにあたって、
    お墓のことや葬儀プランのことなど、
    具体的に突き詰めていくと、よくわからないことが多いのではないでしょうか?

    そんなときは終活イベントに参加してみましょう。
    葬儀やお墓のパンフレットなども配られていることが多いので、
    葬儀に掛かる費用のイメージを掴むことができます。

    他のコラムを見る