急な悲しい出来事に見舞われて、喪主や遺族側になってしまった方は、服装などに気を使う心理状態ではないのが本当のところです。

しかし大人としての最低限のマナーである為、
服装などしっかり準備をして葬儀や告別式に臨んでいきましょう。



通夜・葬儀での遺族の服装

参列者の方の服装についてはこちら


葬儀や告別式では、喪服を着用する事が一般的なマナーとされていますが、
現代の通夜でも、遺族は喪服を着ておられる事が多くなりました。

通夜でも告別式と変わらない程の弔問客が来られる事から、
遺族もそれに倣って喪服を着用するようになりました。

しかし、身内のみの通夜であれば喪服を着る必要はありません。
本来なら通夜とは、故人と最後の時間を過ごす大切なひと時ですので、
普段より少し地味な服装であれば何の問題もありません。

女性の喪主や喪主の妻は和服を着用しなければならないと
思っている方がおられますが、その様な決まりはありません。
通夜・葬儀・告別式は、喪服であれば洋服・和服どちらでも着用して頂けます。

男性の喪服



洋装

喪服の正装はモーニングコートですが、通夜では着用しません。モーニングコートは夜は着用出来ないものとされている為、黒のスーツが一般的な喪服といえます。
スーツのスタイルはシングル・ダブルどちらでも着用頂けます。
スリーピースは、中のベストも黒にします。ワイシャツは必ず白を着用、ネクタイは黒無地(タイピンは不可)ベルト、靴下、靴も黒で統一させて下さい。

和装

羽二重(黒無地)の五つ紋付き(背・両袖後側・両胸の5箇所に家紋が入った着物)と羽織に、仙台平の袴を着用し、襦袢(着物の下に着る肌着のような薄い着物)は羽二重の白か鼠色で、足袋は白か黒に、草履は黒の鼻緒のものを着用するようにしてください。

女性の喪服


洋装

黒のフォーマルドレス、(ワンピースでも可)アンサンブルのいずれかを着用します。
露出はなるべく避け、夏でも長めの袖口で、襟元は胸の開いたものは避けるようにしましょう。

スカート丈もひざが隠れる程度の丈がオススメです。
特に高身長の方は丈が短くなりやすいため、
試着して丈感が合うかどうかをチェックしたいところです。

和装

黒無地の五つ紋付きに丸帯を着用する事が正式な和装喪服とされています。
生地は『黒無地染め抜き』または『一越ちりめん』、夏は『絽』を着用します。
羽織は基本的に着用せず、足袋と襦袢は白とし、草履、帯揚げ、小物は黒で統一します。

装飾品の着用において

基本的に通夜や葬儀には装飾品は着用しません。
特に遺族の方は結婚指輪以外のものは、付けないようにしましょう。 付けるとしても真珠のネックレス程度のものにしておきます。(真珠の2連ネックレスは避けましょう。)
メイクや口紅も薄めに、ノーメイクは常識外です。マニキュアも赤は避けて下さい。

子どもの喪服

子供は学生であれば学校の制服を着用し、
制服が無ければ黒、紺、グレーの地味な色の服を着用します。
小さな男のお子様であれば、
ブレザーに白シャツにズボン、

女のお子様であれば、
ブレザーに、白ブラウス、スカートかワンピースを着用させて下さい。

子供においても同様で小物類や靴は黒で統一するようにしましょう。


喪服の貸衣装

悲報とは、突然の知らせが多い為、喪服の用意が出来ない時もありますが、そのような場合は、貸衣装を利用する事も出来ます。貸衣装業者などでも喪服は取り扱っていますが、葬儀を依頼する際の葬儀社でも喪服の貸衣装の受付を行っています。
貸衣装をレンタルする場合は、靴や鞄などセットに入っていないものもある為、セット内容を確認しておきましょう。和装の貸衣装の場合においては、自分の家紋を伝える事を忘れないようにしてください。

他のコラムを見る