葬儀に参加できない場合のフロー

訃報を聞いた場合、なるべく葬儀に駆けつけるのがマナーとされていますが、 現実問題、参加できないという方もいらっしゃることでしょう。 そんな場合どうしたら良いのか? 葬儀に参加できなかった場合のフローについてご紹介します。

葬儀に参加できない場合

訃報を聞いて、お通夜・お葬式に駆けつけることができない場合、 以下の方法を検討しましょう。

  • 弔電(ちょうでん)、香典を郵送する
  • ・香典を参加者に渡してもらう
  • ・後日お参りをさせてもらう
  • それではこの3つについて詳しく見ていきましょう。


    弔電(ちょうでん)・香典を郵送する場合

    葬儀に赴くことが出来ない場合、 弔電・香典を郵送する場合があります。

    しかし実際には、
    「弔電と香典を郵送するケース」
    「香典とお手紙を郵送するケース」
    「供花と香典を郵送するケース」

    など、 ケース バイ ケースであることが多いです。

    郵送する際、最も一般的なのが「香典とお手紙を郵送するケース」です。 弔電や供花は辞退されることがありますので、 送る場合は前もって確認するほうが良いでしょう。
    ⇒ 弔電の送り方についてはこちら

    香典を参列者に渡してもらう

    香典を参列者に渡してもらう方法ですが、実は結構一般的なことだったりします。
    故人とあまり面識が無い場合や、遠方に住んでいる場合、 郵送も大げさなので・・・ということで 参列者に持っていってもらいます。
    記帳の際にあなたの名前と住所も書いてもらいますので、 住所などきちんと事前に知らせておきましょう。

    後日お参りをさせてもらう場合

    最後は別日にお墓参りをさせてもらうケースです。
    この場合、家に上げてもらったり、お墓まで案内してもらったりすることがありますので、遺族の方にきちんとアポを取ってから伺うようにしましょう。
    四十九日の忌明けのタイミングで香典が「御霊前」から「御仏前」に変わりますので、香典を渡す際には注意が必要です。

    他のコラムを見る